転職Q&A

【転職Q&A】不動産業界のオンライン面接・選考について

こんにちは、不動産キャリア事務局です。

今回は、オンラインでの選考についてお話していきたいと思います。
「不動産業界に興味がある」方や、「不動産業界のことがまだよくわからない」という方は、是非チェックしてください!

新型コロナウィルスの影響は、各業界の採用の場面にも及んでいます。
中でも、直接会っての面接を避け、オンラインで採用の面談をする企業が増えてきています。
もちろん、不動産業界もこの流れが広がりつつあります。
これには、遠隔で選考を進めることができるため企業側と求職者側双方にメリットが多いように感じます。
しかし、中には通常通りの選考ができない点を不安に思う求職者の方もいるでしょう。
オンラインだと支障があるのではないか、合否にかかわってくるのではないか、そもそもやり方がわからない。
今回は、そんな不安を少しでも軽減できるように、オンラインで面接・面談を行うときのメリット・デメリットや、マナー等にも触れていければと思います。

不動産キャリアエージェント[簡単1分] 不動産転職のプロに話を聞く※今すぐの転職をお考えでない方でもご登録・相談可能です。

オンライン選考のメリット

応募ハードルの軽減

今までは、面接が設定される度に企業へ足を運ばなければならず交通費等もかかり求職者側への負担も大きいものでした。
しかし、オンライン選考の場合は「距離」や「交通費」を気にすることがないため、諦めていた企業への応募も可能になります。
企業側から見た場合、従来のように面談ごとに会議室やスケジュールを調整する必要がないため、日程を求職者に合わせやすくなり応募数にも良い影響をもたらします。
また、応募者との早期接触もできるため、選考辞退者の軽減も期待できます。

緊張感の緩和

直接会っての選考では、面接官やその場の雰囲気に呑まれてしまい、いつも通りの自分をうまくアピールできないなんてことありますよね。
もちろん、その緊張感の中でいかに自分を表現できるかどうかを重要視している企業もいらっしゃいます。
しかし、せっかくの機会で無駄な力が入ってしまい、ありのままの自分を伝えることができないのは、とても惜しいことです。
オンライでの選考であれば、自宅から面接を受けることもできるため、自分のペースで、いつも通りの自分を面接官に伝えることができます。
企業側も、求職者の「素の部分」を見ることができるので、マッチングを検討しやすく離職率の軽減等にもつながる可能性があります。

オンライン選考のデメリット

表情などが読み取りづらい

オンラインでの選考では、緊張に呑まれることなく素を伝えることができるメリットもありますが、
逆に対面と比べるとどうしても表情が読み取りづらいというデメリットもあります。
ネット環境によっては、ラグが発生したりと少し使いづらい点もあるようです。
会話が途切れてしまうと、聞き返さなければなりません。
その場合は、ネット環境が良い場所へ移動するなどの対策を講じる必要があります。
また、そもそも自宅等にネット環境が整っていない場合や、ネットに不慣れな方にとってはデメリットの方が大きいかもしれません。

オンライン選考時の注意点

では、オンライン面接を行うにあたって、どのような点に注意する必要があるのでしょうか。
ここからは、事前にやっておいた方が良い点なども含めてご説明していきます。

オンラインツールの準備

主に使われるオンラインツールは”Zoom”や”Skype”などです。
今では「オンライン飲み会」などの影響もあり、かなり普及しているツールですが、中にはまだ使い方がわからないという方もいるかと思います。

オンライン面接の基本の流れ

  1. 面接日の決定(通常通りメールや電話)
  2. 企業側から当日使用するツールの指定
  3. 面接で利用するツールのURL受け取り(主に当日)
  4. URLから面接会場へ入場(オンライン)

上記のように基本的にオンライン選考では、企業側から事前に使用するツールが指定され、当日にメールにてURLを受け取ってそのURLに入るだけという場合がほとんどです。
しかし、いざという時のためにも事前にダウンロードをしておき、ある程度ツールの操作に慣れておくとスムーズに面接を受けることができるでしょう。

オンライン面接はスーツor私服?

いざオンラインで選考を行うとなると、ふと疑問に思うのが「服装は私服でもいいのか」という点です。
企業によっては、「私服でも可」というよなアナウンスがある場合もありますが、
オンラインといっても選考ですのでスーツの方が好ましいでしょう。
基本的に、カメラ越しでも服装までしっかり見られます。
そのため、カメラに映らない下半身の服装も含め、面接マナーに則った服装で臨みましょう。

画面の確認

オンラインで面接を受ける時、一番重要になるのが「画面」です。
画面を通して面接官と対話をするため、雰囲気がどのように伝わるかもすべて画面状況に左右されます。
もし面接場所が自室なのであれば、少なくとも画面に映る範囲のものは片付けておいた方がよいでしょう。
また、顔が暗くなりすぎていないかもチェックが必要です。
なるべく部屋を明るくし、顔の下に白ハンカチ等を用いると、光が反射して満遍なく光が当たります。
オンライン面接においても、第一印象は重要です。
照明等の工夫によって、明るい印象を与えることができるので、こちらにも注力すると良いでしょう。

声の大きさ、話し方に注意

まず最初の挨拶は、非常に重要です。
画面越しでの面談となると、声のトーンや話し方での印象が重要になってきます。
またオンライン上だと、タイムラグが生じる恐れもあります。
面接官の質問に対し、間を置かずに話してしまうとせっかちな印象を与えかねません。
当日は、ツールの不具合やご自身の緊張もあるとは思いますが、まずは落ち着いて話すことを意識するといいかもしれません。
また、頷く場合は動作を大きくすることや相手の発言に対して「はい」「わかりました」「なるほど」などの相槌を挟み「聞こえていますよ」とコミュニケーションを取ることが大切です。

オンライン面接の注意点まとめ

  1. 使用するツールに慣れておく
  2. 服装はきちんと整える
  3. 画面が暗くなりすぎない、また周囲が散らかっていないか確認
  4. 受け答えははっきりと、大きな動作を心がける
  5. 普段よりもゆっくりと話すことを心がける

いかがだったでしょうか。
新型コロナウイルスの影響もありますが、ITツールの浸透に応じてオンライン面接は今後も増えてくるものと思われます。
スムーズに対応しパフォーマンスを発揮できるようにしておきましょう!

不動産キャリアは、不動産で働きたい方専用の求人サイトです。
ご興味の方は下記より是非ご確認ください。

また、転職をお考えの方に向け、オンラインにて無料でエージェントとのご面談も行っております。
もっと不動産業界の仕事について知りたい!という方は、お気軽にお問合せください。

不動産キャリアエージェント[簡単1分] 不動産転職のプロに話を聞く※今すぐの転職をお考えでない方でもご登録・相談可能です。

この記事を書いた人
不動産キャリア事務局スタッフ
不動産業界の就職・転職に関するお役立ち情報を不動産キャリア事務局スタッフが提供します。 不動産キャリアは、業界最大級の求人数を誇る求人サイトなので、 賃貸・売買仲介の営業だけなく企画・開発やマーケティングなど職種も豊富です。 無料サポートも充実している不動産キャリアAgentも活用することで、転職できる可能性が高まります。